不動産担保ローンについて

自動車ローンや教育ローンなど様々なローンがありますが、不動産を担保にすることによってローンを利用することができるのが不動産担保ローンです。不動産担保ローンは、自身が所有している不動産を担保にすることになりますので、

 

 

不動産を所有していることが大前提です。


不動産担保ローンを利用する方は、不動産を所有している方ですので資産的なゆとりがある方が多くなります。相続した不動産を担保にしたり、現在住んでいる住宅を担保にしたりと様々なことが考えられます。

不動産担保ローンの使途は?

 

資金の使途は自由なのかなぁ?


不動産担保ローンを申し込むということは、何かに資金が必要だということになりますので、資金使途を明らかにしなければなりません。この資金使途については、銀行などに不動産担保ローンを申し込むときは、必ず聞かれることになります。

 

 

資金使途については銀行によっては幅広いです。


が何にでも使用することができるコースがあったり、ビジネス向けの不動産担保ローンもあります。基本的には、事業などに使用するための資金のときは別のコースが用意されていることが多いので、事前にしっかりと確認する必要があります。

 

融資に影響する項目は、やはり担保となる不動産の価値なので、不動産の価値が高くないと融資を断れてしまうことも考えられます。それにプラスして、希望融資額も非常に重要な要素となりますので、不動産の価値と希望融資額のバランスで決定されます。

 

 

事前に不動産価値を調べておけば希望融資額の見込みの算出にも役立ちます。


不動産担保ローンは、短期間のものだけではなく20年以上など長期でも利用することができます。