住宅ローンと消費者金融の借入の関連性

住宅の購入は人生において一番大きな買い物になるため、住宅ローンを組んで購入する人がほとんどです。

 

 

消費者金融の借入の返済中だけど住宅ローンって組めるのかなぁ?


消費者金融から借入れしている人の中にも住宅ローンで家を買いたいと考えている人もいると思いますが、結論から言うと、

 

 

今現在返済中の場合は審査に通る確率は低いです。


消費者金融からの借入の残債がまだ残っているということは、銀行側にとっては大きなマイナス要素となります。

 

実際、生活してゆく中で消費者金融と住宅ローンの返済を同時に行うとゆとりのない返済計画となってしまい、将来的に破たんしてしまう可能性が高くなります。住宅ローンに申し込むのは

 

 

消費者金融での借入を完済してからの方が賢明です。


では、消費者金融での借金を完済した場合は住宅ローンの審査に影響はなくなるのでしょうか?

借金完済後の住宅ローンの審査について

これは各銀行によって対応が分かれるところです。借金をきちんと完済していることで信用できる人物だと判断されるか、完済はしているものの、消費者金融で借入しなければならないくらいお金に困窮していた人物は信用できないと判断されるかは分かりません。

 

 

信用情報は完済しても一生付きまとうのかなぁ?


また、完済はしているものの、延滞回数が多かったりした場合はマイナス要因となります。消費者金融での借入履歴があるといつまでも審査に影響するのかといえばそうではありません。現在、過去の借入や延滞履歴は信用情報に記載されますが、

 

 

この信用情報は完済後過去5年分しか参照できません。


5年経過すれば履歴は消去されるので、消費者金融からの借入が住宅ローンの審査に影響していると考えられる場合は、完済後5年経過してから申し込むようにすれば問題ないでしょう。